特に管理監督者は、部下のマネジメントに懸命になるあまり、意図せずパワハラ、セクハラの加害者になってしまう場合があります。
このような状況を避けるには、ハラスメントに関する基礎知識を持たせることが大切です。 ハラスメント教育は、いまや会社として、果たすべき責任の一つになっています。

また、職場のコミニュケーションがうまくいっていないことが、様々な問題の原因になっていることも少なくありません。この場合、コミニュケーション研修を行うことにより、笑顔が絶えない職場環境に劇的に改善することもあります。

教育を通じ、社員自らモラルある言動に気を配れるようになることも必要なのです。

1 4 7
2 他者を理解できる社員に 8
3 6 9


HOMEキャリアメンタルライフ会社概要問合せ
HOME